千葉県千葉市の整体院/オスグット病、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、五十肩、肩こり,座骨神経痛、自律神経失調症 、病院、整骨院の治療で良くならないならココ!

ひざ、オスグット
千葉中央オスグット研究所
オスグット病とは
オスグット病・自分で出来ること
オスグットで悩んでいる君へ
少年少女のスポーツ指導をしている方へ
オスグット症症例
オスグット解消手法講座
かかとの痛み、セーバー病
幼児期の成長痛
成長痛という診断について
変形性膝関節症
半月板損傷









Home > ひざ、オスグット > オスグット病とは
オスグット病とは

オスグット症(オスグットシュラッター病)とは

初めてこの病名を聞いた方は

ちょっと戸惑うかもしれないような

聞きなれない病名でしょう。

 

正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)

英:Osgood-Schlatter disease」です。

一般的には、「オスグッド病」などと略されます。

この聞きなれない名称の由来は1903年

ボストンの整形外科医

ロバート・ベイリー・オスグッドと、

チューリッヒの外科医カール・シュラッター

症例を確認、発表したためでこの医師の名前からきています。

 

●オスグットの症状

 

一般に成長期の小学生高学年から中学生の  

運動好きの子供に多い膝下が盛り上がり、 

走る、踏ん張る、などの動作時や押すと強い痛みを 

生じる症状のものです。

 

痛みは膝のお皿の下の脛の骨の骨端(脛骨粗面)。 

患部の骨が盛り上がる状態になる場合が多い。

 

膝を曲げると痛い、膝下が痛くてしゃがめない、

走ると痛い、ジャンプすると痛い、歩くと痛い、

体重をかけると痛い、 階段の昇り降りが痛い、

触ると痛い、押すと痛い など膝、脚の動作、

踏ん張ること、押圧により痛みが感じられます。

 

ひどい場合、膝を少し曲げるだけで痛み、 

松葉杖をしないと歩けないこともあります。

 

患部を何かにぶつけたりすると、

激痛となる場合が多いです。

軽度であれば数日ほどの休息で良くなりますが、

悪化させてしまうと長期間苦しむこととなります。

 

早期の対応、正しい対応が重要です。


オスグットでまず問題になる筋肉は

大腿四頭筋といわれる

太腿の前面の筋肉の緊張です。

 

大腿四頭筋は、四つの筋肉の総称で、

 

大腿直筋、外側広筋、 中間広筋、内側広筋のこと。

 


4つの筋肉はすべて膝蓋骨に付着し、

 

膝蓋靭帯を通して脛骨粗面に付着しています。

 

この脛骨粗面がオスグットで膨らむ部分です。

 

 

オスグット患部オスグットの原因

 

大腿四頭筋は膝を伸ばす筋肉ですので、 

ジャンプや ダッシュするなどに使われるのですが、 

逆に膝を曲げるときの

ブレーキ、クッションの 役割も持ちます。


そして、立っている姿勢では、膝が曲がらないよう  

伸ばす役割として働きます。

 


ですから、日常生活、そしてスポーツなどでは  

非常に重要な、かつ働く筋肉です。


そしてそれらが脛骨粗面という部分に

着いているので脛骨粗面の負担も

大きいということです。


それら筋肉が収縮するときに、 

また、硬く張った状態で膝を曲げるなどの場合、 

膝蓋靭帯がひっぱる脛骨粗面の負担が増すわけです。 

その負担が脛骨粗面の痛みとなります。

 

実際には大腿四頭筋以外の問題も関わっていると

当院では考えています。 

それについては後で説明します。

 

最近ではオスグットの認識が広まり、

単なる「成長痛」という的外れな診断をする医師も

減ってきました。

 (それでも、「成長が止まれば治る。」などの

ことを言う医師が、いまだにいますが。)

 

●成長痛と診断されるけど

成長期は当然骨も、筋肉も伸びるのでしょうが、

運動で筋肉を固めることばかりで、 

伸ばそうとしなければ、骨が伸びるといつも張った

状態になってしまいます。

 

ですから成長期は特にオスグット症になる

可能性が高まります。

 

オスグットは成長期に多い症状なので 

「成長痛」と診断される場合もありますが、

成長期の子が全て発症するわけではなく、

99%がスポーツをしている子に発症します。

 

ですから、「成長が止まれば痛くなくなる。」と

病院などで言われても

それがオスグットの全ての原因ではありません。 

スポーツで緊張している、硬くなった筋肉が

問題なのです。 

硬くなっている状態では疲労もたまりやすく、 

その疲労がさらに筋肉を張った状態にし、

悪循環になってしまいます。

 

成長期をとっくに過ぎた20代、30代でも 

オスグットに悩まされている方もいます。 

成長期をとっくに過ぎた方は、

やはり何かスポーツをしている方ばかりであり、

オスグットはスポーツ障害と考えるのが

妥当と思います。

 

 

●オスグットへの病院などでの処方

残念ながら病院の医師も

オスグットについて理解のない方が多いです。

いまだに「成長痛だから、、、」と説明する医師も多いです。

オスグットに理解のある医師であれば、 

「運動をしばらく休むこと」と指導されることもあります。

 

運動のしすぎで幹部が炎症をおこしているとか、

軟骨がはがれているということで、

運動を休むよういうわけですが、

確かに張り詰めた筋肉を休ませることで症状は軽減します。

これは有効な処方です。

 

でも、いったいいつまで休んだらいいのか?

 

軽い場合は1週間程度でよくなりますが、

再発したり、

状態によってはいつまでも痛みが引かず、

何年もかかる場合もありえます。

 

身体をほとんど動かすことが出来ない状態だと、

動かさないことで

筋肉はより硬くなってしまう場合があります。

 

その場合はいつまでも良くならないばかりでなく 

回復を遅らせてしまうことになります。

 

重篤な例で、動かさない→身体が固くなる→ 

疲労がたまりやすい→より身体が固くなる

→より動けなくなる

というような悪循環になってオスグットの症状だけでなく

 股関節や足首、腰などにも大きな問題を起こしたり、

 精神的な問題に及ぼしている例もありました。

 

しかし、痛いのを我慢して運動していていれば、

悪化させることになります。

 

ですから正しい治療することが望ましいです。

 

病院でのオスグット治療は、

回復効果があまり出せないのが現状です。

 

電気をあてる→気休め?上記理由の通り

身体を休める効果はあるでしょうが

わざわざ電気をかける必要はありません。

 

機器によっては筋肉を電気で収縮させる治療器が

ありますがこれは却って症状を悪化させる

可能性があります。

 

湿布→患部を冷やすことで

痛みは感じにくくなります。

痛みを軽減する効果はあります。 

しかし治すわけではなく、

長期使用は血行を阻害して

治りを遅らせることになります。

急性時以外の使用は薦められません。

 

 

痛み止め→湿布と同じ

手術→オスグットで剥離した骨を

取り除く手術をしたら数ヶ月で痛くなくなった

という方がいましたが、 

骨の剥離だけが原因ならばそれも有効と

なるのでしょうが

剥離していても当院の療法でよくなっています。

 

 

オスグットの原因が筋肉の緊張ですので

それは手術では治せません。

 

 

●ご家族のかた(お父さん、お母さん)へ

 

病院などの診断で

「成長期が過ぎれば痛くなくなる。」 

「オスグットは治りません。」

などと言われているなら、 それは間違いです。

正しい対応をすればオスグットは

必ず早期によくなります。

 

 

●当院(いっぽ自然整体院)のオスグット解消法

 

指圧、按摩マッサージ、一般の整体、

カイロプラティックなどの手法とは

大きくやり方、理論が違います。

 

ゆっくり、優しく身体を動かし、やさしく、

丁寧に手や指を当てて

(気功や手かざし療法ではありません)

 

筋肉の緊張を、身体自ら解除させていきます。

痛くさせないよう、心がけながら行います。

 もんだり、押したりなどの刺激は、

ポンプ作用で身体の疲れを流しますので、

症状は軽くなりますが

その刺激自体が、新たに組織の損傷を

起こしてしまったり、

身体がその刺激を攻撃と認識して、 

より筋肉の緊張を強めてしまう

可能性があると考えています。

 

痛い刺激は身体を硬くして身体を守ろうとします。

 心では気持ちいいと感じる刺激でも、

身体がそう認識せず、

危険と判断して緊張します。

 

オスグットの施術に限らず、どの症状の施術でも

そうならないよう細心の注意が必要です。

 

●オスグットの原因

オスグットは身体が硬い子のほうが

症状が重篤となりやすいです。

 

大腿四頭筋の緊張がまず問題と書きましたが

その場合硬いのはそこだけではなく、

太ももの裏(ハムストリング)も硬くなっていたり、

足首が硬かったり、股関節、背中、肩、首など

 全身が硬い場合が多々見られます。

 

症状が膝下でも、他の部分の身体の硬さが、

脚の緊張を生じ、膝の負担を増やし、

痛みを引き起こすことはしょっちゅうです。

 

また、筋肉だけの問題とも限りません。

膝関節のズレ、靭帯の問題

関わっている場合も多いです。

 

 

 

オスグットの患部は膝下でも、全身を診る必要があります。 

硬くなっているのは身体だけではありません。 

精神的に緊張し、

心が硬くなっていることも多いのです

 

当院はオスグットの施術だけでなく、全身の調整、

体の使い方、自己メンテナンスのアドバイス、

精神面のケアなどトータルで回復をお手伝いします。 

 

ご自身でも出来る防止法、改善法を記載しますが、 

まずは施術で身体をゆるめることが、 

最も即効的効果を発揮します。

無理をせず、お気軽に相談してください。

 

 

●入浴

 

患者自身でまず簡単にできる

改善方法、防止法として入浴があります。

身体全体を温めてゆるませるということです。

 

シャワーではだめです。

湯船につかってよく体を温めてください。

 

時々、「医者に膝を温めてはいけない」と 

指導されたと話す患者さんがいます。

 

これはオスグットを患部の炎症としか

考えていないためでしょう。 

急激に痛み、腫れあがっているなら

そうすべきですが、そうでないなら 

原因である筋肉の緊張や疲れを取るのが

根本的解決です。

 

 

●ストレッチ

 

筋肉を伸ばすこと。つまりストレッチは有効ですが、

やり方次第で悪化させますので注意が必要です。

 

痛いことは身体を硬くさせると前に書きましたが、 

ストレッチも痛く感じるまではしないこと。

 痛みを感じる手前までを限度として行います。

 

また、脚だけでなく全身もおこなうこと。

 一生懸命やるというより気楽にやること。

気持ちが硬いと身体はゆるみません。

 

文章では、しっかり理解できないと思いますので

そのやり方を施術後にアドバイスします。

 

ストレッチの仕方

オスグット、自分で出来ること 

 

●休息

 

痛みを我慢して運動を続けることは、

当然症状を悪化させます。

 

悪化させないよう、

痛くない程度に運動をセーブするか、

早く治療を受けて痛みをなくすこと。

 

お問合せ、ご予約は

 

TEL:043?225?3232 

携帯 090?6152?8122

(.状況により留守番電話になるのでご了承ください)

オスグット病 もっと詳しく↓

 

 

 

 

 

 

接骨院、整体、カイロの先生へ

オスグット解消講座

 

 

 





オスグット、椎間板ヘルニア、膝痛、自律神経失調症,病院や整骨院などの治療で良くならないなら千葉市の「いっぽ自然整体院」へ