千葉県千葉市の整体院/オスグット病、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、五十肩、肩こり,座骨神経痛、自律神経失調症 、病院、整骨院の治療で良くならないならココ!

肩こり、四十肩ほか
肩こり、なぜ治らないのか
四十肩、五十肩
肩こり防止法
強い施術はダメ
ヘバーデン結節
巻き爪
ムチウチ症
半月板損傷
変形性膝関節症
股関節症
有痛性外脛骨障害
捻挫
尾骨の痛み
三叉神経痛
チック症









Home > 肩こり、四十肩ほか > 有痛性外脛骨障害
有痛性外脛骨障害

有痛性外脛骨障害

20年前から両足の内くるぶしが痛むという30代女性。
長く立っていると痛む。
夕方から、夜にかけて寝るときまで痛んだりする。
有痛性外脛骨障害と病院では診断されているが、
一向に良くならないというので当院に来院。

しかし痛みは長く立ったり、夕方ころでないと痛まないので、
来院時は痛みが無い状態でした。
だから、施術をして痛みが無くなったのか、効果はその時点ではわからなかった。

2日後来院して様子を聞くと痛みがまた出たということで
その後2回施術をしてゆくと、痛みは次第にでなくなり、
5回目以降はほとんど出ない状態となっていた。

以降たまに痛みがでるものの、痛みの頻度、程度は
ほとんど気にならないようになり終了となった。

この有痛性外脛骨障害以外にも、
病院での診断名を聞くと聞いた事のないものも多い。
しかし、どんな病名でも、
施術自体は特別なことをするわけではありません。

 

その他症状目次





  • Copyright(c)2018 千葉市中央区いっぽ自然整体院, All rights reserved.
オスグット、椎間板ヘルニア、膝痛、自律神経失調症,病院や整骨院などの治療で良くならないなら千葉市の「いっぽ自然整体院」へ