千葉県千葉市の整体院/オスグット病、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、五十肩、肩こり,座骨神経痛、自律神経失調症 、病院、整骨院の治療で良くならないならココ!

肩こり、四十肩ほか
肩こり、なぜ治らないのか
四十肩、五十肩
肩こり防止法
強い施術はダメ
ヘバーデン結節
巻き爪
ムチウチ症
半月板損傷
変形性膝関節症
股関節症
有痛性外脛骨障害
捻挫
尾骨の痛み
三叉神経痛
チック症









Home > 肩こり、四十肩ほか > チック症
チック症

チック症

40代の男性で、首と肩のコリを解消したいと来院。
ひどい時は頭痛、めまい、不眠、動悸、目の疲れ、無気力なども
感じるそうで、かなりつらそうな状態です。
仕事でのストレスも強く、ご本人もそれが大きな要因になっているとおっしゃいます。

また、施術中、目の付近が度々ピクピクとけいれんするように

顔をしかめるので話を聞くともう慣れてしまったが、

かなり前からだと言います。

首、肩そして顔面の緊張も含め、全身を施術。
まずは初回で首や肩のコリは軽快し、顔のけいれんも施術後は出ていません。

その後5回ほど来院し、3回目あたりでは肩こりはほとんど感じなくなったと
言います。肩こりがなくなったのと合わせて、顔のけいれんも減ってゆき
最近はほとんど出ていないといいます。

仕事自体は、やはりストレスを強く感じるけど、まずはコリと顔のけいれんが無くなったので
心身とも大分楽になったそうです。

以下他サイトからの転用

ドクターに聞く・Q&Aトゥレット症候群とは/意志に反した言動が続く

九州・山口の医療ニュース原因は脳神経系異常 チック症・トゥレット症候群 

 

チック症は周囲からの刺激や自分の意図と関係なく、

頻繁にまばたきをする、首を振るといった「運動性チック」。

叫び声や周囲に不快な言葉を発したりする「音声チック」。

これらの症状が複数重なり、1年以上の長期間続くと、トゥレット症候群と診断されます。

 

主に幼児期から小児期前期にみられる単純で一時的な「一過性チック」は、

環境変化や不安、緊張などストレスがきっかけとなります。

特に治療しなくても成長に伴い症状が軽くなる傾向があります。

子どもの10%前後がチック症を体験するとされ、男児に多い。ほとんどは一過性で1年以内に消える。

トゥレット症候群の場合は10代前半まで症状が悪化していき、10代後半には軽快するが、成人後まで残る人もいる。

 

トゥレット症候群の背景には、脳の機能異常があると考えられています。

外部からの刺激への反応を制御する神経のネットワークが過剰に働くと、意志に反した言動が繰り返し起こります。

こうした異常は、遺伝的な要因や感染症後の自己免疫異常などが引き金になるとの指摘もあります。

また、チックを止めさせようとしかったりすることがストレスとなり、症状が悪化する悪循環も少なくありません。

専門医に相談しましょう。


 

正しい認識を

チック症は以前、心理的な病気との見方が専門家の間にもあった。

今でも「育て方に問題がある」と親が周囲に責められ、自分でも悩み、

それが親子間の新たなストレスとなって症状を悪化させる悪循環に陥りやすい。

本人に「症状を止めろ」と言うのも逆効果。

 

患者や家族らの特定非営利活動法人「日本トゥレット協会」によると、

チック症の子どもを「じっとしろ」としかる教諭や「親の問題」と決め付けるカウンセラーもおり

「関係者は正しい認識をもってほしい」としている。

*転用ここまで

 

当院での施術では、体の緊張および疲労の解消をすることと同時に

精神的緊張(ストレス)を和らげていく効果があります。

 

ストレスが原因の一つであるならば、症状の緩和に役立つはずです。

病院での治療と併用でも問題はありませんから、まずはお気軽にご相談ください。

 

その他症状目次

トップページ  整体院案内 オスグット 椎間板ヘルニア 自律神経失調症





  • Copyright(c)2018 千葉市中央区いっぽ自然整体院, All rights reserved.
オスグット、椎間板ヘルニア、膝痛、自律神経失調症,病院や整骨院などの治療で良くならないなら千葉市の「いっぽ自然整体院」へ