千葉県千葉市の整体院/オスグット病、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、五十肩、肩こり,座骨神経痛、自律神経失調症 、病院、整骨院の治療で良くならないならココ!

健康情報
整体理論(基本理論)
整体理論2(力を抜く)
整体理論3(自身の力)
いっぽ自然整体のめざすもの(理論4)
まだまだ若いのう(整体理論5)
歳をとっても元気に(整体理論6)
整体理論7(感覚を磨く)
整体理論8、根本の原因について
整体理論9、根本の原因その2
疲労とは何か
健康とは(健康の定義)
近代医療と代替医療
健康の語源
整体とは
整体業界の現実
整体院の選び方
ゴッドハンドという言葉
接骨院(整骨院)の保険不正請求問題
接骨院(整骨院)不正請求を無くすために
整骨院不正放置のツケ
なめられている国民健康保険
交通事故自賠責保険詐欺
血液ドロドロ商法
リンク集
各種施術院リンク









Home > 健康情報 > いっぽ自然整体のめざすもの(理論4)
いっぽ自然整体のめざすもの(理論4)

整体理論4

当院が目指すもの

歳を重ねるということは

 衰えではなく

 生きながら新たな感性、身体操作へ

 生まれ変わるという進化、向上の過程。

 

つまり、歳をとっても元気で、

 日々進化、向上し続ける心身を身につけること。

そういう心身をいっぽ自然整体院は目指します。

 

整体というと、こうすればゆがみがとれるとか、

痛みや不調が消えるとかの効果、

技術、やり方を期待するかもしれませんが

その効果は施術者だけでなく

受け手である患者自身にその大きな力があり、

その能力を引き出すこと、発揮させることが

整体の役割です。

 

そして、技は形よりも

見えないところ、

中身、質が重要と考えます

 

柔道で投げる技を教わっても、

実際の試合などで相手を投げるのは難しいように

形として技ができても、

実践で必ず使えるわけではありません。

 

実際にそれが使えるようにするのには

どうすればいいのか、

その形を使いこなせるかを皆さん

理解していただき、実践してもらいます。

 

つまりは、

自身で自分を

整体できるようになってもらうということです。

そして、そ能力を発揮し、

向上、発展させて健康で、

いつまでも元気でいられる心身を

自分で築いてもらうこと。

 

そのポイントとなるのが

先の整体理論でも述べている感覚です。

技はこの感覚をどう高めるか、どう使うかなどを

知る手立てであり、その練習であり実践でもあります。

 

その結果として

患者の心身の良好な状態を構築するだけでなく、

施術者自身も受け手側もともに

心身を高めることになるものなのです。

 

当院の目的の一つは不調の解消ですが

それだけではありません。

従来の感性、感覚をさらに一歩前に進んで

より良い心身の状態を目指します。

 

医学の進歩は平均寿命を徐々に引き上げています。

しかし、

長寿ゆえの問題もクローズアップされてきています。

体が衰えて使えなくなる。

脳が衰えて認知症、異常行動を起す。

長生きすることで自身を苦しめ

周囲に大きな負担をかける。

介護費用、医療費などの経済的問題など

長生きすることに意味を見出せないのでは

まだ若い人たちにとっても

それはつらいことです。

 

将来、その若い人も

必ず歳をとるのですから。

 

歳をとると、

感覚、感性も鈍るといわれますが

私はそうは思いません。

 

現実をみると

若いときの体力は衰えていくのは認められますが、

若いときの感覚や感性とは違った感性、感覚、

若いときとは違った体の使い方、

若いときとは違う力を

歳をとることで備わってゆけるのでは、と思います。

 

ただ、そういった考え方は

一般的には研究されていないと思います。

年齢とともに、ただ衰えていく。

その衰える速度を遅くさせるのが

今の一般的な考え方です。

 

いっぽ自然整体院は 

生きながら生まれ変わる!!

ということを目指します。

若いときの感性、感覚、体力ではなく、

従来とはまったく違う、、、といわずとも

一歩進んだ感性、感覚、考え、

それに基づいた身体の使い方に、、、、

歳をとっても、

いや、歳をとったからこそできる

新たな身体操作をもって

さらに健康でさらに長生きすることを

当院では目指しています。

 

まだまだ若いのう、、  へ↓

 

 





  • Copyright(c)2018 千葉市中央区いっぽ自然整体院, All rights reserved.
オスグット、椎間板ヘルニア、膝痛、自律神経失調症,病院や整骨院などの治療で良くならないなら千葉市の「いっぽ自然整体院」へ